​JUN-TRAVEL

会社概要よくある質問 | お問合せ | 連絡先

旅行記トップへ
投稿者:marikosa | 発表日:2017-03-09 16:56:31 | 閱覧回数:445
麗江 さすが世界遺産!
観光地: | 主な交通手段:飛行機 | 総日数:2日以内 | 総費用:2万円~3万円

日本ではあまり聞かない麗江。でも世界遺産にも指定されている麗江は中国国内ではとても有名な観光地で、近年は開発が進み欧米系ホテルの増加に伴い西洋人の観光客も増えているようです。

エアチャイナで北京より到着。時刻は午後8時20分

麗江三義空港はコンパクトでキレイな空港です。

今夜泊まるホテルです。部屋も清潔で広さも十分、風呂も湯船とシャワーブース両方があり、のんびり寛げそうなお部屋です。

まずは束河古鎮へ。

ここはナシ族の村で、昔ながらの風情があります。

朝なのでまだ人も少ない川沿いを歩きます。みんな、お店の準備であわただしくしています。

次に、麗江から北へ20分くらいの街、白沙に向かいます。ここは麗江を治めていた木氏の本拠だったそうですが、今は少し寂れた感じです。

ここのウリは宋だか明だかの時代のこの壁画、ふーんという感じです。

白沙からはバスしか見当たらず、バスで市内へ戻ります。運賃はどれだけ乗っても1元なので、ついでに古城街まで行くことにします。入り口にはこの碑があり、ここから奥が古城街です。古城街は世界遺産に認定されています。

道沿いに歩くと四方街という広場に出ます。民族衣装の舞踊をやってました。

麗江のもうひとつの世界遺産はこのトンパ文字。世界文化遺産だそうです。

古城街からも時折、玉龍雪山が顔を出します。明日はあそこに登ります。タクシーの手配も出来たので、明日の晴天を祈るのみです、